いろいろあった

幼少期からいろいろあった。 保育園にあがる前に吃音になった。それは知らないうちに改善、親が必死で連れて行った鍼治療が奏効したのかしたのかどうか不明。 保育園では毎日泣いていた。分離不安で親は困っただろうな、商売やっていたから。保育園を卒園するとき、先生からかけられた言葉は「お肉を食べて強くなりなさい...

» 続きを読む


過敏性腸症候群物語-小学校編-

小学生の時の記憶はあるようなないような、事実なのか想像なのかあいまいだ。 ただ、低学年の時には腹痛で困った記憶はあまりないような・・4年生の時には、すでに発症していたと思う。 小学1,2年の頃は、引っ込み思案で愚図だった。1年生の時の先生は、そんな私の性質を見抜いて何とかしっかりさせようとしていた気...

» 続きを読む


過敏性腸症候群物語-中学生編-

小学校で過敏性腸症候群を発症した私が中学校にいくには大きな障害があった。 まずは...

» 続きを読む

| コメント (0)

過敏性腸症候群物語-高校生編-

高校時代はわしにとって、そしてまた過敏性腸症候群にとって、大きな転機になったと思...

» 続きを読む

| コメント (0)

過敏性腸症候群物語-大学生編-

小学校で発症し、中学校で最悪の状態となり、高校で開き直ることを覚えた。これなら、もう大丈夫といいたいところであるが、ここから更なる試練がまっていた。 高校で開き直って、自分をアピールすることを覚えたのはよいが、舞い上がりすぎていたのだな、今から思うと。それが大学に行っても通用すると思っていたわけだ。...

» 続きを読む


«過敏性腸症候群物語-高校生編-